フードコーディネーターの資格を取って食のプロになろう

学校で資格を学ぶメリット

女性

充実した学習が行える

幅広い分野で活躍できるフードコーディネーターの資格に人気が集まっています。フードコーディネーターの資格は通信講座でも資格の取得が可能ですが、専門学校や専門のスクールに通って取得する方法もあります。専門の学校へ通いながらフードコーディネーターの資格取得を目指す場合にはいくつかのメリットがあります。フードコーディネーターの仕事は多岐の分野にわたり、活躍する分野によって学んでおくべき内容も少しずつ異なってきます。それぞれの学校ではそういった背景を考慮し、独自に様々なカリキュラムを用意しています。そのため、自分が活躍したい分野に強い学校を選ぶことで、自分に必要な知識や技術を効率的に学ぶことが出来ます。また、専門学校などでは講師にプロとして活躍しているフードコーディネーターを招待している学校も多く、実際の現場で活かせる知識、実践的な内容を学べる環境が整っていることも大きなメリットの一つです。専門学校では疑問に感じたことやわからないことについてすぐに質問が出来る環境が整っており、試験対策も手厚く指導してもらえる点も見逃せません。さらに、卒業後の就職先について、フォローや支援を受けることが出来る点も大きな魅力となっています。フードコーディネーターの資格を学校で学ぶ場合、授業料や入学金など金銭面での負担はやや大きくなってしまいますが、その分手厚い指導や充実した内容の学習が行える点は大きなメリットと考えられます。

調理

食のスペシャリスト

食に対する知識を身に付けてフードコーディネーターとして活躍したいなら、専門のスクールに通うようにしましょう。実際に現場で役立つ技術を身に付けることができます。プロとして一人前を目指しましょう。

女の人

日常にも使えるスキル

フードビジネス全般での活躍が期待されるのが、フードコーディネーターです。その資格は女性から人気を集めている傾向があるでしょう。調理から開発まで総合的に学ぶことで、業界では第一線で活躍ができます。

料理

学校選びのポイント

フードコーディネーターの学校には、フードコーディネーター境界が認定した専門学校や短大などの認定校と、企業や個人が主催する養成スクールの2種類があります。認定校は学費が100万円以上と高額ですが、卒業と同時に資格が取得できます、養成スクールは費用は割安ですが、認定試験へ合格が必須となります。