フードコーディネーターの資格を取って食のプロになろう

日常にも使えるスキル

女の人

飛躍できるスキル

フードコーディネーターの資格を取得していれば、フードビジネスのプロデュースからマネジメントまでが出来ます。飲食業界での就職や転職で役立つ資格として人気を集めているでしょう。18歳以上ならば3級までの受験資格が与えられます。学生からは通学講座が活用され、合格を目指すケースも増えているでしょう。また、業界で既に活躍している人が次に目指すべきは、マーケティングやマネージメントの知識をつけることです。ビジネスマインドの習得も出来るでしょう。栄養士などの有資格者がさらなる飛躍のために選ぶケースも増えています。2級を取得すれば、フードコーディネーターのアシスタントを任される程の実力があります。そして1級を取得していれば、メディアから出演オファーが来たり、飲食店の総合的なプロデュースを任されたりします。多岐に渡って活躍することができるでしょう。メニュー開発に関しても、独自性や売れるメニューに不可欠な差別化なども重要となります。独自のコンセプトを提供する店作りができるフードコーディネーターの本領が発揮できる内容です。また、メディアでの露出だけではなく、健康と安全への配慮なども知識として得ることから、家族の健康に役立つ資格としても注目が集まっていて、ただ単に健全な食生活の提案が目的ではないのも特徴です。調理方法や盛り付けの知識、食べる環境や道具についての豊富な知識があることで、食べる意欲が高まります。子供の成長を促したり、介護食に役立てたりすることにも期待されています。フードコーディネーターになる為には、いかに資格が重要なのかを理解しましょう。