フードコーディネーターの資格を取って食のプロになろう

食のスペシャリスト

調理

即戦力を身に付けよう

フードコーディネーターとは、テレビ番組やCM、雑誌撮影でのフードスタイリングから、料理番組の企画、出演などメディアでの仕事や、食品メーカーでオリジナルレシピや新商品の開発など活躍の場は幅広いです。また、フードコーディネーターはレストランやカフェなどの店舗プロデュースや料理教室の講師など、食のスペシャリストとして食に関する仕事では多方面にわたります。フードコーディネーターになるためには、特別な資格は必要ありませんが、専門のスクールで食に関する専門知識を習得する方が多いようです。フードコーディネータースクールでは、食に関する幅広い知識や技術を学べ、プロとしての即戦力を身に付けることができます。具体的なカリキュラムとしては、食に関する基礎知識だけでなく、トレンドの食材や調理法、食育なども学びます。メディアでの仕事のノウハウとして、料理の美しい盛り付け方や、その料理に合った食器や小物の選び方、料理の撮影テクニックなどの空間演出を学ぶことができます。料理は彩りが大切ですので、カラーコーディネートの基本も学び、盛り付けのセンスアップに生かします。最近では料理動画が流行していますが、その動画の撮影から編集作業までの一連の流れを実践的に学習することができます。また、フードビジネスとして売れる商品づくりやメニュー開発のための基礎知識やマーケティング、販促のノウハウ、またレシピ開発の手法や店舗プロデュースなどのスキルを身に付けることができます。